「CHROME HEARTS コラボの力学」 vol.1 COMME des GARCONS との蜜月の関係

世界三代シルバーブランドの中でも圧倒的な人気を誇り、名実ともにキングオブシルバーの名を欲しいままにするCHROME HEARTS。アイコニックなオリジナルモデルのクオリティの高さも去ることながら、様々なブランドとのコラボレーションにも見所が満載だということをご存知だろうか?

こちらの連載記事では、毎回一つの歴代コラボブランドをピックアップし、シルバーの帝王が生み出す化学反応について掘り下げていく。

第一回は、CHROME HEARTS にとって最も特別な存在 COMME des GARCONS

深い繋がりとそのきっかけ

CHROME HEARTSが現在の確固たる地位を築くきっかけには、同ブランドの存在が大きく影響している。そもそも、UNITED ARROWSと業務提携を結ぶ以前にCHROME HEARTSに目を付け、初めて日本に上陸させたのがCOMME des GARCONSなのだ。ネームバリューに関わらず、研ぎ澄まされた審美眼により選び抜かれた世界各国の逸品が並ぶCOMME des GARCONS 青山店。その中でもCHROME HEARTSは一際魅力を放つ本物だった。その後、巻き起こる一大ブームは国内のみに止まらず、世界的デザイナー川久保玲に認められたという事実が、海外でもCHROME HEARTSの評価の向上を劇的に加速させていく。

そして1991年にはCOMME des GARCONSのファッションショーにて、ジャケットのボタンにCHROME HEARTSのシルバーをあしらったコラボレーションモデルが登場した。CHROME HEARTSのデザイナー、リチャード・スタークが感謝とリスペクトを込めてブランドタグを”CHROME des GARCONS(クロム・ギャルソン)に書き換えたというエピソードはあまりにも有名。

ここから彼らの蜜月のコラボレーション関係は始まった。

ギャルソンコラボの気になる買取価格は?

買取実績:35万円

出展:https://ameblo.jp/fa-sty/entry-11819279349.html

数あるCHROME HEARTS コラボの中でも、最も古い付き合いの盟友であり、強い想い入れのあるパートナーだけに、彼らの共作は毎回最高の仕上がりを見せる。ファンたちが最も見逃せないタッグという訳だ。当然、ギャルソンコラボはリリースされる度に完売。

中古買取市場でも非常に人気が高く、オリジナルや限定アイテムを凌ぐ高い相場で取引されている。当店での買取実績は、ブルーのライダースが35万円、ブラック総柄Tシャツが3万円、ネックレスが10万円。安定した人気と高い需要は衰え知らずで、むしろその価値は増すばかり。

購入を検討している方も是非一度、店頭にお越しください。

買取実績:3万円

出展:http://newageinglog.com/chromehearts-cemetery-patch

買取実績:10万円

出展:https://item.rakuten.co.jp/select7tokyo/b33491/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 右向き・左向き

    暦は進み、あっという間に8月。 そして8月はゴローズが”夏休み”を取るので…
  2. +One メディスンホイール

    本格的な夏到来! と思いきや大雨・台風など不安定な気候が続いてますね。 …
  3. 身内ビーズの魅力

    連日猛暑日に近い気温で、うだるような暑さと夕方にのむビールの美味さが染みるこの頃…
  4. The Roots 創始期イーグル

    インディアンにとって神に最も近い存在として尊ばれるイーグル 力・勇気の象徴…
  5. 小イーグル

    ゴローズと言えばフェザー ゴローズの憧れと言えばイーグル その稀少性…
ブランド古着買取のBRING

注目のトレンド記事

  1. 2018-9-1

    9月15日発売予定! Supreme × COMME des GARCONS SHIRT が登場!

    https://www.instagram.com/p/BnE4f68li5B/?hl=ja&tak…
  2. 2018-8-13

    特大フェザーについて

    台風が過ぎて、焼けるような日差しを取り戻した東京。 皆さまはどのような夏を…
  3. 2018-8-25

    9月8日発売! ACRONYM×AIR PRESTOが登場!

    アウトドアブランドや人気有名ブランドをいくつも手掛けてきたerrolson hughが立ち上げたAC…
  4. 2018-8-13

    一生モノが欲しい

    仕事柄、クロムハーツを扱う現場にいると 「一生モノ」 この言葉を言う…
ページ上部へ戻る